Outbound Port25 Blocking

■迷惑メール送信防止のために

昨今、悪意のあるユーザー(主にSPAM行為事業者)が弊社接続サービスを利用してTechnoWave/ITKeeperの送信用メールサーバを利用せず、直接他プロバイダなどの送信用メールサーバ宛てに大量の迷惑メールを送信されるようになり、お客様のみならずインターネット社会の問題となっております。
また、お客さまのパソコンがウイルスに感染することにより、意図せず気が付かないうちに直接他プロバイダなどの送信用メールサーバへ、大量の迷惑メールを送信しているといった事態も発生しています。
これら迷惑メール送信の入り口を防ぐ取り組みとして、弊社では他プロバイダなどの送信用メールサーバへのメール送信を防止する「Outbound Port25 Blocking」を実施しております。

 

実施エリアとご利用の都道府県が一致しない場合がございます(エリアはNTT東西のフレッツ網に依存)。
フレッツサービスエリア詳細につきましてはNTT東西様へお問い合わせ下さい。

 

■「Outbound Port 25 Blocking」とは?

「Outbound Port 25 Blocking」(以下 OP25B)は、プロバイダのメールサーバからメールを送信する場合を除いて、メールの送信プロトコルで使用されるTCPポート25番を遮断する手法です。

OP25Bを実施しているプロバイダのネットワークから、他のプロバイダネットワークへ接続する際に、【外部ネットワーク向けの通信(Outbound)】の【25番ポート(Port 25)】を【遮断(Blocking)】する仕組みとなります。

 

■影響を受けるサービス

TechnoWave・ITKeeperサービスにおける「動的IP」が割当てられる接続サービスでフレッツ接続を行った場合に影響を受けます。
サービス名 カテゴリ
エコノミークラス Technowave
ビジネスクラス(販売終了・現在ご契約のお客様)
Bフレッツ動的IP接続サービス
ホスティングサービス・インターネット接続オプション
エコノミークラスⅡ ITKeeper
ホスティングサービス・インターネット接続オプションⅡ
Bフレッツ動的IP接続サービス
モバイルローミング
BBパック(ST/VN/LT/HN)
※各-Xタイプ、セキュリティモデルVPNオプションは対象外

※ダイヤルアップ・PIAFS・ISDN・
フレッツ固定IP接続(ISDN/ADSL/Bフレッツ各タイプおよびフレッツ光プレミアム)サービスはOP25B適用外です。

■影響を受けるご利用方法

メール送信時TechnoWave/ITkeeper以外の送信用メールサーバを利用している場合。
 例1:エコノミー(フレッツADSL)+他プロバイダーの送信用メールサーバ(他社ホスティングサーバ含む)
 例2:Bフレッツ動的IP接続サービス+お客様の独自に設置したメールサーバ

■影響を受ける場合の対処方法

1.他社プロバイダの送信メールサーバでsubmissionポート(587番)が利用できる場合
サブミッションポート(Port587)提供状況およびメールソフト設定方法は、ご利用中のプロバイダ、またはメールサーバの管理者にご確認ください。主要プロバイダの対処方法へのリンクはこちらにご用意しております。
 
2.他社プロバイダの送信メールサーバでsubmissionポート(587番)が利用できない場合
メール送信用サーバをご用意しておりましたが、2007年8月末をもって提供終了しております。
なお最近では「SubmissionPort(587)」の導入や「webメール機能」を提供するメールサーバが増えてきています。ご利用のメールサーバの提供事業者(管理者)に対して、導入状況をご確認いただきますことをお勧めします。
 
3.お客様独自にメールサーバを設置されている場合は以下のいずれかを行う必要があります。
A.固定IP接続サービスを利用することでOP25Bの影響を受けなくなります。弊社では固定IP接続サービスをご用意しておりますので是非ご利用ください。
 
B.お客様設置のメールサーバ側でsubmissionポート(587番)をご用意いただく(サーバの構築方法についてはサポート対象外となります)。
 
C.弊社送信用メールサーバを利用してお客様設置のメールサーバへメールを中継する。(お客様サーバ静的配送やルーターなどの設定方法についてはサポート対象外となります)。
 

■他社プロバイダ接続で「OP25B」の影響を受けるお客様

お客様が他社プロバイダーのインターネット接続で、弊社の送信メールサーバをご利用のケースでは、他社接続プロバイダー側のOP25Bの影響を受ける可能性がございます。弊社では順次サブミッションポート(587番)対応を実施しております。下記リンクをご参照ください。

 他社プロバイダの「OP25B」の影響を受けるお客様

■OP25Bの最終段階では・・・・

弊社でのOP25Bの取り組みでは、メール送信時のすべての「25番ポート」を遮断し、認証+587番ポートでのご利用を進めてゆきます。弊社メールサーバーご利用のお客さまでも、2007年8月31日をもって「25番ポート」を遮断してしまうために、最終的には影響をうけてしまいます。

※ダイヤルアップ・PIAFS・ISDN・フレッツ固定IP接続(ISDN/ADSL/Bフレッツ各タイプおよびフレッツ光プレミアム)サービスは
対象外です。


弊社メールサーバーご利用のお客さまにはお手数をおかけしますが、2007年8月31日までメールソフトの設定変更をお願い申し上げます。

 メールソフトの設定変更方法

 

ページの先頭へ