OP25B サブミッションポート(587番)の設定方法(WindosXP - OutlookExpress)

*サブミッションポート対応状況一覧へ戻る

 

他社プロバイダのOP25Bの影響を受けるお客様におけるメールソフトの設定変更方法をご案内します。

WindowsXP(SP2)標準のメールソフト「Outlook Express 6.0」を例にホスティングサーバーのメールアカウントのサブミッションポートの設定方法を以下に記します。サブミッションポートのご利用にはSMTP認証が必須となります。

1.

 

Outlook Express起動し、メニューから「ツール(T)」→「アカウント(A)」を選択します。


 

2.

 

別途開かれたインターネットアカウントのウィンドウで、「メール」のタブを選択し「プロパティ(P)」を選択します。


 

3.

 

プロパティ画面が表示されましたら、「サーバー」のタブを選択し「このサーバーは認証が必要(V)」にチェックを入れ、「設定(E)」をクリックします。


 

4.

 

「受信メールサーバーと同じ設定を使用する(U)」にチェックが入っていることを確認し「OK」をクリックします。


 

5.

 

次に「詳細設定」のタブを選択し、「送信メール(SMTP)(O)」欄を「25」から「587」に変更します。
最後に「適用」→「OK」の順にクリックしてプロパティの画面を閉じます。


 

6.

 

インターネットアカウントのウィンドウを閉じて設定変更は完了です。メール送信テストを実行して動作確認をお願いいたします。


 

*サブミッションポート対応状況一覧へ戻る
ページの先頭へ