このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
現在地
ここから本文です

リコー センターサービス
メールボックス使用量が多い場合の対処方法(Outlook2016)

Outlook2016にてサーバー内コピーメールの取り込み手順は以下となります。(POP3設定の場合)

注意
・この作業により、該当メールアドレスのサーバに残されているコピーメールが削除されます。
・共有設定をされている場合は、作業前に全てのパソコンにてメールを受信されることをお薦めします。

No_001.jpg Outlook2016 を開き、[ファイル]メニューをクリックします。
ol2016popdel_1.jpg

No_002.jpg [アカウント情報]画面となります。
[アカウント設定]をクリックし、すぐ下に表示される[アカウント設定(A)]をクリックします。
ol2016popdel_2.jpg

No_003.JPG 該当のメールアドレスを青く選択した状態で、[変更(A)]をクリックします。
ol2016popdel_3.jpg

No_004.JPG 画面が切り替わりましたら、[詳細設定(M)]ボタンをクリックします。
ol2016popdel_4.jpg

No_005.JPG [インターネット電子メール設定]の画面が表示されますので、[詳細設定]タブをクリックします。
「配信」の「サーバーにメッセージのコピーを置く(L)」のチェックを外し[OK]をクリックします。
ol2016popdel_5.jpg
【サーバーにメッセージのコピーを置く】が無い場合はこちらをご参照ください。

No_006.jpg [アカウント設定]に戻ります。
[[次へ]をクリックしたらアカウント設定を自動的にテストする(S)]のチェックを外し[次へ(N)]をクリックします。
※チェックした場合テストが始まります
ol2016popdel_6.jpg

補足
  [[次へ]をクリックしたらアカウント設定を自動的にテストする(S)]のチェックをしたまま[次へ(N)]をクリックしますと、アカウントのテストがはじまります。

No_007.JPG [アカウント設定]に戻ります。
[[次へ]をクリックしたらアカウント設定を自動的にテストする(S)]のチェックを外し[次へ(N)]をクリックします。 ※チェックした場合テストが始まります
ol2016popdel_7.jpg

補足①
・この状態で改めて、「受信」を行います。
・サーバーのメールボックス内、コピーメールが削除されます。

補足②
該当のメールアドレスを複数の端末で受信している場合は、上記手順を実施後、
手順5にて以下の作業を行いますと、複数の端末で同じメールを受信可能となります。

 ・「サーバーにメッセージのコピーを置く」のチェックを入れる
 ・「サーバーから削除する○日後」にもチェックを入れる
 ・○日後、に、任意の日数を入れる

Point
【容量超過を未然に防ぐ方法】はこちらを参照ください。