このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
現在地
ここから本文です

リコー センターサービス
リターンメールが戻る①ユーザーログイン

送信元に以下のようなリターンメールが戻る場合、受信側のメールボックス容量が超過している可能性があります。

No_001.jpg 以下、赤線のような文言が記載されているリターンメールが送信元に戻る場合、受信側のメールボックスが超過している事が考えられます。
quotaexceeded1.jpg

補足
Quota exceeded(mailbox for user is full)(in reply end of DATA command)
 ⇒メールボックス容量が満タンになっているという内容

No_002.jpg 【ご利用のメールアドレス(エンドユーザーアドレス)】と【メールパスワード】を入力しメール管理画面へログインします。
login_u2.jpg

補足
エンドユーザーアドレス ⇒ webadmin@ドメイン名以外のアドレス
メールパスワード ⇒ メール管理画面にてメールアドレス作成の際任意で決定したパスワード
管理者アドレス ⇒ webadmin@ドメイン名
管理者アドレス(webadmin@ドメイン名)でログインする場合はこちら

No_003.jpg メール管理画面ログイン後、[メール]タブをクリックし、最下位の[メールボックス使用量]までスクロールします。
login_u3

No_004.jpg メールボックス使用率が100%、又は空き容量が少ない場合、容量を空ける作業が必要となります。
login_u4.jpg

補足
メールボックス使用量が 90%になりますと、[容量警告メール]が配信されます。
メールボックス使用量が100%以下でも、ボックス残容量より大きいメールは受け取れず、 送信元にリターンメールが戻ります。

No_005.JPG 以下リンクより、サーバ内コピー容量を減らす手順をご確認いただけます。

WindowsLiveメールにてサーバのコピー容量を減らす手順
Outlook2016にてサーバのコピー容量を減らす手順
Outlook2010にてサーバのコピー容量を減らす手順
Webメールにてサーバのコピー容量を減らす手順

No_006.jpg 上記手順5にて容量を減らす手順を行った後、メールボックス使用量の画面にてキーボードの[F5]キーをクリックし、画面更新しますとボックス使用量%が減った事が確認できます。
login_u5.jpg

補足
送信者にリターンメールが戻り、受け取れなかったメールは送信者に再送をご依頼願います。

また、下記のような場合がございます。
・メール1通(添付含)が35MB以上は受信不可の為、圧縮又は分割する必要がございます。
・メール1通(添付含)がメールボックスの空容量を上回る場合は受信不可の為、圧縮又は分割する  必要がございます。