このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
現在地
ここから本文です

リコー センターサービス
SSLを利用したメール送受信時の設定(Outlook2016後期版) ※プロバイダメールの場合

SSLを利用したメールの送受信をされたい場合、設定変更の必要があります。


No_001.jpg Outlookを開き、[ファイル]メニューをクリックします。
ol2016popdel_1.jpg

No_002.jpg [アカウント情報]画面となります。
[アカウント設定]をクリックし、すぐ下に表示される[アカウント設定(A)]をクリックします。
ol2016popdel_2.jpg

No_003.JPG  該当のメールアドレスを青く選択した状態で、[修復(R)]をクリックします。
step3_outlook_repairpop2_p.png

No_004.JPG  画面が切り替わりましたら、[詳細オプション]をクリックし、
[自分で自分のアカウントを手動で修復]にチェックを入れ、
[修復]ボタンをクリックします。
step4_outlook_repairpop3_p.png

No_005.JPG [POPアカウントの設定]の画面が表示されます。
下記内容に修正し、[次へ]をクリックします。
step5_outlook_pop_ssl_p.png

step5_outlook_popsmtp_ssl_p.png

設定内容
<受信メール>
サーバー pop.ドメイン名
※[ドメイン名]はメールアドレス[@]の右側部分となります。
 [ia〇.itkeeper.ne.jp]、もしくは[ec〇.technowave.ne.jp]
ポート 995
このサーバーでは暗号化された接続(SSL/TLS)が必要 チェックあり
セキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)でのログオンが必要 チェックなし

 
<送信メール>
サーバー smtp.ドメイン名
※[ドメイン名]はメールアドレス[@]の右側部分となります。
 ([ia〇.itkeeper.ne.jp]、もしくは[ec〇.technowave.ne.jp])

ポート 587
暗号化方法 STARTTLS
セキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)でのログオンが必要 チェックなし
送信(SMTP)サーバには認証が必要です チェックあり
受信メールサーバと同じ設定を使用する チェックあり

No_006.jpg 最後に[完了]をクリックし設定完了となります。
ol2016repairpop_5.png

補足
設定完了後、再度修復画面を開いてしまうと、設定が戻ってしまうことがあります。