このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
現在地
ここから本文です

リコー センターサービス
メールボックス使用量が多い場合の対処方法(Webメール)

Webメール でのメール削除手順は下記となります。

注意
・この作業により、該当メールアドレスのサーバに残されているメールが削除されます。
・メールを削除しますと復元できない為、ご注意ください。
・【IMAP設定】にしている場合、お客様のメールソフト側でも同時に該当メールが削除されます。
・1つのメールアドレスを複数パソコンでご利用されている場合は、作業前に全てのパソコンにてメールを
 受信されることをお薦めします。

No_001.jpg アドレスバーにhttp://webmail.お客様ドメイン名を入力しキーボードの[ENTER]キーを押します。
※『お客様ドメイン名』とは、ご利用のメールアドレスの@より後ろを指します。
webmail1-1.jpg

No_002.jpg ログイン画面が表示され、ログインIDに[メールアドレス]、パスワードに[メールパスワード]を入力し [ログイン]ボタンをクリックします。
※メールパスワードが不明な場合はこちらをご覧ください。
webmail1-2.jpg

No_003.JPG 削除したいメールにチェックを付け、[削除]右側▼より、[直接削除する]をクリックします。
※メールの表示件数を増やす場合は、下記補足をクリックし設定変更方法をご参照ください。
webmail1-3.jpg


No_004.JPG [次のメールを完全に削除しますか]と表示され、[はい]をクリックすると削除されます。 【注意】メールを削除しますと復元できない為ご注意ください。
webmail1-4.jpg

No_005.JPG [メールを削除しました]と表示され削除完了となり容量が減ります。
webmail1-5.jpg

No_006.jpg [アカウント設定]に戻ります。
[[次へ]をクリックしたらアカウント設定を自動的にテストする(S)]のチェックを外し[次へ(N)]をクリックします。
※チェックした場合テストが始まります
ol2016popdel_6.jpg

補足①
・[削除]や[ゴミ箱へ移動する]をクリックした場合、メールは[Trash]へ移動し容量は減りません。
・[Trash]を右クリックし[フォルダを空にする]をクリックしますと容量が減ります。
・メールボックス容量超過中は[ゴミ箱へ移動する]をクリックすると[エラー499]が表示され削除不可と
なります。

補足②
・メールをサーバからダウンロードする設定(POP3設定)にて容量超過している場合、メールソフト設定の
[サーバーにメッセージのコピーを置く] のチェックを外してから送受信しますと、サーバのコピー容量が
無くなり容量超過が回復します。
詳しくはメールソフト毎に操作が異なる為以下をご参照ください。

Windows Live メール 2011・2012の場合はこちら
Outlook2010の場合はこちら