このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
現在地
ここから本文です

リコー センターサービス

2019年06月12日

【重要】ITKeeperシリーズ「LANフォルダ2」Hモデル ファームウェア自動アップデートのご案内

メンテナンス情報

平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。

このたび、ITKeeperシリーズ「LANフォルダ2」Hモデルで採用しているNASの供給元である株式会社アイ・オー・データ機器から、NASのファームウェアを自動アップデートする旨の案内がありました。アップデート日時、内容などについて、下記の通りご案内いたします。

なお、ファームウェアの自動アップデート後、NASがセキュリティロックモードで再起動しますのでお客様にて、USBロックキーをNASに挿入して、セキュリティロックモードを解除していただく必要があります。

ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解ご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

■実施日時
2019年 6月25日(火) 00:00 ~ 05:00

■対象サービス
LANフォルダ2 4TB Hモデル
LANフォルダ2 2TB Hモデル
LANフォルダ2 1TB Hモデル

■アップデート後のファームウェアバージョン
現ファームウェアバージョン:3.02 → 新ファームウェアバージョン:3.10

■アップデートの内容
1.動作安定性向上
① 共有フォルダー名として「global」「homes」「printers」を設定できないように変更
② SMB 接続でのアクセス速度が低下していた件を修正
③ 管理者パスワード未設定の場合、起動時のファームウェア更新確認をしないように変更

2.脆弱性対応
① Samba 脆弱性の対応
(CVE-2018-1050, CVE-2018-1057, CVE-2018-10858, CVE-2018- 10919)
② apache 脆弱性(CVE-2017-7668)の対応

3.機能追加
① バックアップ・データコピーで除外フォルダー・ファイルを指定できる機能を追加
② SMB プロトコルバージョンを指定できるように変更
③ 装置の設定情報を一覧表示する機能の追加
④ ゴミ箱機能が有効時、設定画面上の共有フォルダー一覧表示よりゴミ箱機能を空に できる機能を追加
⑤ メールの通知設定画面にテストメール送信の機能を追加
⑥ LAN DISK コネクトにて通知機能・共有作成機能・管理者パスワード変更機能に対応

■アップデートにおける留意点
ファームウェアのアップデートは夜間帯に自動で行われます。
その際にNASがセキュリティロックモードで再起動しますので、お客様にて、USBロックキーをNASに挿入して、セキュリティロックモードを解除していただく必要があります。
セキュリティロックモード中はNAS本体から「ピーッ、ピーッ」というブザー音が鳴りつづけます。

※導入時にお客様にお渡ししているクイックマニュアルの3ページにセキュリティロックモードの確認方法と解除方法が記載されています。

クイックマニュアルはこちらからご覧いただけます

本アップデートに関してご不明な点がございましたら下記のお問い合わせ先にご連絡ください。
リコーITコンタクトセンター
電話番号:0120-568-735
受付時間:月~金曜日 9:00~17:00
(祝日および年末年始・当社休業日を除く)