このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
現在地
ここから本文です

リコー センターサービス
「インターネットセキュリティ警告」画面が出る場合の対処方法(Outlook後期版)

Outlookにてメールの設定後、「インターネットセキュリティ警告」画面が出る場合があります。
画面を表示されないようにする方法は、以下手順となります。


「インターネットセキュリティ警告」画面は「はい」か「いいえ」で閉じていただいて問題ありません。

ol2016security_error_1.png


No_001.jpg Outlookを開き、[ファイル]メニューをクリックします。
ol2016popdel_1.jpg

No_002.jpg [アカウント情報]画面となります。
[アカウント設定]をクリックし、すぐ下に表示される[アカウント設定(A)]をクリックします。
ol2016popdel_2.jpg

No_003.JPG 該当のメールアドレスを青く選択した状態で、[修復(R)]をクリックします。
ol2016repairpop_1.png

No_004.JPG 画面が切り替わりましたら、[詳細オプション]をクリックし、 [自分で自分のアカウントを手動で修復]にチェックを入れ、 [修復]ボタンをクリックします。
ol2016repairpop_2.png

No_005.JPG [POPアカウントの設定]の画面が表示されます。
下記内容に修正し、[次へ]をクリックします。
※[IMAPアカウントの設定]と表示されている場合は下記をご確認ください。
ol2016repairpop_3.png
ol2016repairpop_4.png

設定内容
 
<受信メール>
ポート 110
このサーバーでは暗号化された接続(SSL/TLS)が必要 チェックなし
セキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)でのログオンが必要 チェックなし

<送信メール>
ポート 587
暗号化方法 なし
セキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)でのログオンが必要 チェックなし
送信(SMT)サーバには認証が必要です チェックあり
受信メールサーバと同じ設定を使用する チェックあり


※[IMAPアカウントの設定]と表示されている場合は下記を参考に修正ください。
ol2016repairimap_1.png
ol2016repairimap_2.png

設定内容
 
<受信メール>
ポート 143
暗号化方法 なし
セキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)でのログオンが必要 チェックなし

<送信メール>
ポート 587
暗号化方法 なし
セキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)でのログオンが必要 チェックなし
送信(SMT)サーバには認証が必要です チェックあり
受信メールサーバと同じ設定を使用する チェックあり


注意
IMAP設定の場合、メールはメールサーバに保存されます。
サーバの使用量が比較的高くなりやすい設定のため、ご注意ください。

【POP】【IMAP】設定の違いについては こちら をご参照ください。


No_006.jpg 最後に[完了]をクリックし設定完了となります。
ol2016repairpop_5.png