このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
現在地
ここから本文です

リコー センターサービス
他社プロバイダのOP25Bの影響を受けてしまうお客様

お客さまが他社プロバイダのインターネット接続を利用して、TechnoWave/ITkeeperのメールアドレスでメールを送信するとき、他社プロバイダが「Outbound Port25 Blocking」を適用していると、メールを送信できない場合があります。「Outbound Port 25 Blocking」は、プロバイダのメールサーバからメールを送信する場合を除いて、メールの送信プロトコルで使用されるTCPポート25番を遮断する手法です。

※他社プロバイダの「Outbound Port25 Blocking」の詳細についてはインターネット接続元プロバイダへお問い合わせください。


他社プロバイダのOP25Bの影響を受けてしまった場合の対応方法の一つとして、サブミッションポート(587番)利用があります。以下対応状況一覧をご参照ください。



■サブミッションポート対応状況一覧

TechnoWave・ITKeeperサービスにおけるサブミッションポート(587番)対応状況は以下のとおりです。

サービス名 サブミッションポートの対応状況
お使いのメールアドレスが
「*****@technowave.ne.jp」
「*****@***.technowave.ne.jp」
(エコノミークラス/エコノミークラスⅡ)
(ビジネスクラスの一部のお客様)
(BBパック LTタイプおよびHNタイプ)
対応しております。以下メールソフト毎の設定変更方法をご参照ください。
<Windows 7>
Live メール

<Windows 8>
Live メール

<MacOS>
Mail 1.3
お使いのメールアドレスが
「*****@独自ドメイン」
(ホスティングサービス(ハイパワークラス以外))
(ホスティングサービスⅡ)
(BBパック STタイプおよびVNタイプ)
対応しております。以下メールソフト毎の設定変更法をご参照ください。
<Windows 7>
Live メール

<Windows 8>
Live メール

<Macintosh>
Mail 1.3
お使いのメールアドレスが
「*****@独自ドメイン」
(ビジネスクラス)
(専用レンタルサーバー)
(ホスティングサービスハイパワークラス)
対応しておりません